ブログトップ

風猫通り三番地ニノ二十三

teamlink.exblog.jp

路地裏っぽい人が屋根の間の空を見上げる場所。

カテゴリ:風猫通り( 3 )

 工場が午前の操業終了を告げるサイレンを鳴らすと、高い高い煙突から吐き出される煙の量が目に見えて減った。ただ、流れる西風にたなびく煙はどこまでもわだかまっていて灰色の道はくっきりと残っている。あちこちにある扉からは煤けた作業着をまとった男達があふれてきて、持参した弁当の包みを開けたり、壁により掛かって煙草に火を付けたりするのが見えた。
 ロム・ツァイトは遠くからその様子をぼんやりと眺めている。
 目の前にはご主人様のトランクと自分の鞄が寄り添って並んでいる。持ち主はといえは例によって自分を残してよくわからないものを探索中なのだろう。はっきりいって手持ち無沙汰だった。旅の途中で悲しいのは大きな本を携帯できないことだ。鞣し革で装幀された文字と文章の集約物が無性に恋しくなる時がある。一人で居る時などは特にそうだ。孤児院にいたころも、今の仕事に就く為に本部で研修した時も、ぼんやりする時間なんて無かったというのに、いざ派遣されて旅に出れば、どうも空白の時間が多くなっている気がする。勿論、己から進んで見聞を広め、メモでも取るべきなのだろうけれど。町はずれの工場の前、広大な空き地、未舗装の街道。遠くには村。見るべき物は少ない気がする。
 古き書物によれば、猫という動物は基本的に怠惰で、よく眠る習慣があったという。滅びてしまった今となっては想像するしかないが、もしかすると自分の本性は人間よりも猫に近いのかもしれない。微風にしっぽを浮かべてゆらゆらと揺らしてみる。
 ああ、暇だ。
 そうしていると、工場前の広場で休憩を取る男達の一部がが列を形成し始めた。見れば、一人の女性が片隅で露店をつくり、何かを振る舞っているのが見える。視界には入っていたのに気付かなかったのだから、よほど気がそぞろになっていたのだろう。コップか何かを受け取った労働者はそれを飲みながら周囲に座り込んだりしている。客はどんどん増え、女性はさっさと切り盛りしている。一人で大変そうだなと考えていた、
 その矢先。
 女性が振り返った。
 まっすぐにロムを睨んだ、のが解った。
「ちょっと、そこのあんた!」
 何しろ耳が大きい分、音の指向性に関しては絶対間違えない自信がある。彼女の声は自分に向けられた物だ。しかし五十メートルは離れているだろうに、細い体の線からは想像も出来ない胴間声だ。戸惑うが、
「は、はぁい、なんですかー」
 駆け寄ればいいのに、ロムもその場で叫び返した。届いただろうかという不安もまるで無駄で、言葉尻がロムの口に残っている間に、さっきの倍の声量がロムの耳に再度突き刺さった。
「ぼけっと見てないで手伝いな!」
「――は、はいっ」
 それは文字通り彼女を貫通し、全身を総毛立たせるに十分すぎる音の弾丸だった。
 文脈からすればまったく理解できない傲岸不遜な命令だとというのに、ロムは抵抗できないまま思わず返事を返し、荷物を抱えて女性の元に駆け寄ったのだった。
 露天商の女は並んで待つ労働者達に、煮立つ寸前の薄い珈琲をレードルで掬っては提供していた。男達は鍋の横に置かれたブリキの箱に硬貨を一枚落としてそれを受け取る。鍋の右手には溢れそうなほど水を湛えた盥(たらい)があり、返却されたコーヒーマグが山ほど浸されていた。
 駆け寄ったロムの姿を目にすると、男達は胡散臭そうに、或いは必要以上に興味津々に視線を向ける。箱入り娘を自認するでもないけれど、若い娘がこんな露骨な視線を向けられていい気分がする訳はない。ロムは努めて無視することにした。
 状況は一瞬で把握した。袖を手際よくまくり上げる。
「このマグを洗って渡せばいいんですね。拭かなくていいんですか」
「そんな手間いらないよ。水が汚れたら後ろの小川から汲んでおいで」
「解りました」
 ひゅう、と男達が口笛で囃す。
「おいおい、新入りって感じじゃなさそうだが、いいのかよ」
「妙に素直だな。この辺の娘じゃないだろうし」
「そうそう亜人がいてたまるかよ。でなきゃこんな現実離れした美人になるかよ」
「おい、どっかの金持ちのメイドじゃないのか? 勝手に使うと後が大変だぞ」
 青空の下のカフェーの女主人は顔色を買えずに答える。
「人が働くときは自分も働くものさ」
 哄笑が上がる。
「ちげぇねぇ」
「まぁお前が働いてる夜には、俺たちはよろしくやってるんだけどな」
「ここであんたらが落としたお金がいざというときの命取りさ。幼気で頭の悪い娘を守るために不味い珈琲を振る舞ってるってことさね。さっさと飲んだらカップを返しな。お代わりにもサービスはしないよ」
「まったく、怖いねぇ」
「いっそその子が切り盛りすりゃいいんだ」
 連鎖する濁声。男達の下卑た笑い声が木霊してロムは正直頭が痛かったが、コーヒーカップが綺麗になる様子に専念することで何とか耐えた。一応、こういうことは本業であるし、ぼんやりとしているよりは悪くないかもしれない。最初に見た感じではコーヒーの入った鍋はさほど多くない感じだったが、工場の始業を告げる午後のサイレンが鳴り響くまで、ロムは水汲みに二往復を費やさねばならなかった。
 男達の姿が工場の中に消え、煙がまた立ち上り始めた。
 そこでようやく、珈琲の香りに気付く。
 みれば、鍋の横で別に湧かしていたポットの湯を、女性がコーヒーカップに注いでいる。
「飲みな」
 差し出された珈琲は、先ほどまで男達が飲んでいたのとは比較にならないくらい、芳醇な色と香りを湛えていた。
「奴らに飲ませてるのとは違う、ちゃんとしたのだよ。ありがたく飲みな」
「あ、ありがとうございます」
 顔色一つ変えず、感謝もなく、不躾で無愛想な言葉なのにどうしても嫌な気持ちになれない。不思議な人だなと思う。
 受け取ろうとして、自分の手がまだ濡れているのに気付いて、あわててエプロンで拭って。それからしっかりと両手で受け取った。半分猫だけど猫舌ではないので、でも火傷には気をつけて、ゆっくりとカップに唇を寄せた。
 苦い。でも、その後がすごく透明になる。おいしいと思う。なんだか嬉しい。
 女性は売り上げを無造作に掴んで、ロムに差し出した。
「人なんて雇ったことないけどこれくらいでいいだろ」
「それは多すぎます」
「あたしが知らないような給金貰ってそうなのにかい。馬鹿なあたしでも身成を見ればわかるんだよ」
「きちんとした仕事には適当な対価が決まっています。突然のことだったんで、まぁ、お金は受け取りますけど」
 そういうとロムは、硬貨を十枚だけポケットにいれると、残りをブリキ缶に戻した。
「……大きな街で、ちゃんとしたお勉強してきたって顔ね」
「勉強は、まだ途中です。お仕事もしてますし、学校もいってませんし」
「あたしとは大違いだ。だけど、女としてはあたしの方がずっと上だけどね」
 もう老境に差し掛かった女性の言葉に、ロムは目を丸くする。
「あんた、男を待ってたんだろ?」
「男っていうか……雇い主ですけど、まぁ男性です」
「女は動きだよ。自信もって動いてる女に馬鹿な男の目線が噛みつくんだ。どんな時でもぼんやりしてると枯れちまう。少々年を食ったってそれは変わらないよ。騙せる動きを身につけな。いいことあるよ」
「はぁ」
 彼女の瞳には、ぼんやりしていた自分はどう映っていたのだろう。自分が待っている「男性」がどういう人だと思っているのだろう。まるで勝手で見当違いな話だけれど。でも反論も訂正も出来ないまま、ロムは女性の言葉を美味しい珈琲と一緒に飲み込んでしまっていた。
 その後、女性はさっさと店を仕舞い、手押し車を引いて村へと帰っていった。ロムが挨拶しても、きちんと返事することなく、振り返ることなく。それでもロムは彼女の後ろ姿が見えなくなるまでずっと見つめていたのだった。
 一方。
 ロムの雇用主である壮年の紳士は、工場から煙が立ち上っている間に姿を見せた。
 だからという訳でもないのだろうが、ロムはいつもよりちょっとだけ大きな動きを心掛けながら、旅の同行者の元へと駆け寄ったのだった――ポケットで跳ねる硬貨の音を響かせながら。
[PR]
by kazasiro | 2008-06-18 22:38 | 風猫通り
 ロム・ツァイトはポケットの懐中時計を見て、溜息をついた。
 これで三度目だ。
 強さを増す太陽の光を浴びて、胸に提げた青林檎のブローチが身じろぎする。
 もう三十分も足止めされている。路傍の消火栓に軽く腰掛けて洋品店を見遣ると、ショーウィンドウ店の主人と自分の雇用者が地図を拡げて話をしている。道を尋ねるのに何分掛かっているのだろう。頭の上の大きな耳でも、さすがに店の中の会話までは聞こえない。どうせ目的地の無きが如き旅なのだから急ぐ必要もないのだけれど、朝も早くに叩き起こされて慌てて支度をしたというのに、町を出る前にこんなに待たされるとは。叶わぬ要求であると思いながらも、旅先の情報を仕入れてから起こしてくれる配慮をして欲しいな、と嘆息する。そのためなら少しばかり給金を減らしてくれてもいいのに。
 旅も嫌いじゃないし、仕事もやりがいがある。
 でも、自分は一応年頃の女の子だし。
 紳士に多少の気配りを求めても罪にはならないだろう。何ていっても自分はそれなりに可愛いのだ。何処でも衆目を惹くぐらいには。
「わたしのせいじゃないけど、ね」
 独り言は力無く虚空に消えた。
 今も、道行く人たちからジロジロと見られている。単なるメイドなのに。それとも、こんな辺境ではメイドも珍しいのかしら? ・・・どっちでもいいけれど。
 無意識におしりの尻尾が揺れる。
 ――とおいとおい、むかし。人間がより従順で可愛い愛玩動物を作り出そうと安直な発想を馬鹿正直に実行し、人と猫の遺伝子を緻密に弄くった結果、彼女はこのように存在している。もともとご先祖様の出自が愛玩用だったのだから、可愛いに決まっているのだ。「人間にとってだけ」生まれつき可愛く美人になる動物。なんて不自然な存在だろう。なんて滑稽な定めだろう。神様がいたら失笑されるに違いない。
 そんな自分が今は、人間の社会で人間と同じように暮らしている。起こるべくして起こった種族差別や亜人狩りといった恐怖の時代は、大切断以降、蒼い壁の向こうに封じられたままだ。幸せなんて誰とも比べられないけれど、命の危険を感じなくていいのはやっぱり幸せなのかも、しれない。
 今考えることといえば、時間があるなら今朝のお茶をきちんと飲み直したかった、というくらいだもの。ああ、自室の薬湯が恋しい。寮の庭に植えたハーブを、管理人さんはちゃんと手入れしてくれているだろうか。半年も帰っていないんじゃ、畑が荒れ野になっていても不自然ではないのだけれど。
 嘆息。
 空を仰ぐ。一昨日、通り過ぎた集落で食べた固いパンと同じ形の雲が、西に向かって流れていた。なかなか噛めずにスープで柔らかくしたのを思い出す。
 ――それから、十五分経って。
 ようやく主人が店から出てきた。
「待たせてすまない」
 いつものしかめっ面でロムに謝った壮年の紳士は、真面目腐った表情で頭を下げた。
 だが、ロムは返答出来ない。
「・・・・・・」
「どうした、ロム。出発したいのだが」
「いや、はい、それはいいんですが。その、背中のものはなんですか」
「見てわからんかね? 毛布だが」
 言葉通り、ロールケーキのように巻いて畳んである茶色の毛布を肩に担いでいる。それも二つ。冬季にしかお目に掛からない厚手の物だ。初夏も終わろうかというこの季節、山高帽にスーツという出で立ち含め、紳士のシルエットは珍妙な扮装以外の何者でもない。
 ロムは内心で頭を抱えた。
 この類の奇行はもはや日常茶飯事であるものの、毎度毎度、度肝を抜かれる。多少老いたとはいえ、今尚、黙って立っていれば豪奢な白薔薇の如く非の打ち所のない容貌の彼であれば、なおさらだ。
「あの、その・・・」
「君の言いたいことは解る。荷物を持つのは従者の仕事といいたいのだろうが、今日は特別長く歩くつもりだし、こういうことは平等に受け持つのが正しい判断だろう。老若男女の区別無く、適宜正しい時に正しい方策を行うことが相応しいのだ。君にもこれから携帯食を準備した上で携行して貰わねばならない。多少多めにね」
「・・・それは正しいです、はい、それは・・・勿論・・・」
 でも、人にはその人にあった行動があるべきじゃないかなと、ロムは思うのだ。
 ロムにはロムの、御主人様には御主人様の、相応しい遣りようがある。それを飛び越えるから、彼は時折奇矯に見えるのだ。今だって街の人たちの視線を集めてるし。ただでさえ半分猫の自分は目立つというのに。何故、主人の分まで赤面しなければならないのだろうか。特別手当を支払って貰いたいぐらいだ。
「うむ。では出発しようか。ここが今回の目的地だ」 
 真面目腐った顔で差し出された地図を、指で差されたその場所をロムは覗き見る。
 多分、世界で一番詳しい地図。まだ何も記されていない場所が白地の地図。
 御主人様が、自分が、様々な文字を書き込んだ地図。書き込んでいく地図。
 リセットされた世界を埋め直していくための地図。
 この地図が大好きだ。
 だからきっと彼女は、旅人で居続けるのだ。
 だから今日もまた、歩き始める。
「はい、御主人様」

 旅する猫でありメイドである少女、ロム・ツァイト。
 彼女の雇用者、ミルブライト・ユーガスタリア伯爵。
 そして彼が主催しロムが所属する非営利組織、「青林檎旅行団」。

 彼女たちは、ある日半分になった世界を記録しながら、今日も地平を巡る。
[PR]
by kazasiro | 2007-10-23 22:11 | 風猫通り
 その晩、町はずれの宿屋にずいぶんと変わった客が逗留した。
 一人は紳士。カイゼル髭を蓄えた大層身なりの良い男で、山高帽にステッキと気取った出で立ちをしていた。もう一人は少女。メイド服を纏っているので紳士のお付きなのだろうけれど、老人と孫娘ぐらいの年の差がある。おまけに、ここいらでは珍しいことに獣人の血を引いているようで、にっこりと挨拶をしたその頭上には、大きな猫の耳が跳ねるように揺れていた。
 大きな紳士と、小さな少女。
 大きなトランク、小さな鞄。
 宿の女主人はしきりに首を傾げた。メイドを使うようなお大尽に相応しいホテルなど街中には林立しているのに、どうしてこんな寂れた場所を選んだのだろう。勿論こういう場所なので、得体の知れない客や目つきの悪い食い詰め者が訪れるのも少なくはないし、娼館代わりに使われることだってある。そして、それら各々の事情について詮索しないのが旅人と宿主との不文律というものだ。
 それでも。
 彼女のそれなりに長い人生に於いて、こんなに場違いな客が訪れたのは多分初めてだった。
 一階で食事をさっさと済ませた二人組は階段を登り、あてがわれた部屋にさっさと引き籠もった。清潔に見える服も靴もよく見れば使い込んでいる様子だったし、旅慣れた感じではあったけれど。なら、どうして旅をしなければならないのかがさっぱり分からない。そもそも、貴人と獣人という組み合わせ自体が奇異だった。
 従業員やコックを相手にあれこれ疑問をぶつけ合っていると、当の少女が降りてきてキッチンにひょこっと顔を出した。
「すみません」
「はい、なんでしょう?」
「お茶の準備をさせていただけないでしょうか? 御主人様が一服したいとおっしゃっているものですから」
「ああ、気付きませんで。こちらで持って行かせますんで、少しお待ち下さいな」
「いいんですか? 焜炉を使わせて貰えれば私がやりますけど」
「いえいえ、お客さんにそんなことさせられませんよ」
「すみません」
 少女はにっこりと笑い、それからその笑みを引っ込めて遠慮がちにいった。
「あの、それから・・・もう一つお願いがあるんですけど」
「はいはい」
「えっとですね。申し訳ないんですけど、インク壺を売って貰えませんか? 出来れば、おろしたての」
「インク壺?」
「ええ。ちょっと、切れそうになっているので」
 猫耳の少女はそういって、恥ずかしそうに下を向いた。彼女の胸には、蒼い林檎を象ったしたブローチがある。
 女主人は怪訝に思ったが、まぁ、お金を貰えれば文句を言う筋合いはない。
 それから、しばらく。
 支度した物を届けさせた従業員が戻ってくると、宿の面々は雁首を揃えて偵察の報告を要求した。
「なんだか変ですよ、あの人達。いやね、テーブルに面と向き合ってなんだか手紙みたいなのを何枚も何枚も書いてるんです、それもものすごい速さで。ドアを開けて入っても、こちらが声を掛けるまではまるで気付く様子がないんです。旦那の方は警察の筆記官みたいでこう、博物館の石碑みたいな文字だっだし、亜人のお嬢ちゃんは蛇ののたくったような字をすらすらと書いてるんですよ。俺、女の子があんなに必死に文字を書いているの始めてみましたよ。二人して競争しているみたいでしたね、まったく」
 すると、一人が手を打ってみせる。
「分かった。あれはスパイなんじゃねぇか? この国の情報を記録してるんだよ」
「あんな目立つスパイがいるかい。それに、三百年も戦争が起こってないんだから、スパイなんて魔法使いと同じ空想の産物だよ」
「大切断以降に概念が残ってること自体がおかしいよな、スパイなんて」
「むぅ・・・じゃぁ、それこそお役人とか」
「あんな成りの役人いてたまるかっての。男の方もそうだけど、猫の耳のついた役人かい」
「放浪の作家かしらねぇ」 
「どこかの放蕩貴族さまなんだろうさ。酔狂なんだよ、猫つれて旅行なんて」
 結論からいえば、彼らの推測はそれなりに正しく、また間違ってもいた。ただ、階上の客人達の正体が判明したとしても、宿で働く人々の人生に影響を与えることはまずないだろう。今夜は他に逗留客もなかったので、彼らは天から降った娯楽のように、無責任な想像をどんどん膨らませていったのだった。
 翌朝早く。
 昨日と同じように、淡々と黙々と食事を摂った貴人とメイドは、宿賃と必要最小限のチップを残して宿を後にした。深々と頭を下げた女主人に対して、紳士は山高帽を軽くとって返礼した。その胸に、少女と同じ青林檎のブローチを提げて。
 一方、
「ごはん美味しかったです。ふかした馬鈴薯が特に。ありがとうございました」
そういってぺこりとお辞儀をした少女の、左右に揺れる尻尾が場違いに可愛かった。
 二人は宿を出、最寄りの郵便ポストにしっかりと包装された紙の束を投函してから、東に向かって太陽に向かって、歩き始めた。
 街道を辿って。
 徒歩ならば夕方までに次の集落へ着くことはあるまい。野原の真ん中を一本道が延々と続くだけだ。一体どういうつもりなのだろう。
 女主人はもう一度首を傾げ、そして・・・しばらくして考えるのをやめた。
 妙な客は旅人に戻ったのだから、もはや詮索は必要ない。宿帳に書かれた二人の風変わりな名前も、いつか紙と共に色褪せていくのだから。
 ただ――
 肩を並べると紳士の半分ぐらいしかない少女の頭の上で、一歩進むたびにリボンのように揺れていた大きな耳が、しばらくは想起されてならなかった。 
[PR]
by kazasiro | 2007-10-11 22:27 | 風猫通り